×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヤミ金被害事例


被害解決はこちら
↓↓↓↓↓
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

事例B
大阪府八尾市で2003年6月、夫婦ら3人を心中に追い込んだ出資法違反事件で府警生活経済課は31日までに、同法違反容疑などで指名手配していた住所不定、自称貸金業経営金子功一容疑者(33)を逮捕した。
同課によると、おおむね容疑を認めているが、ヤミ金融グループのトップだった男との共謀については否認しているという。これで逮捕者は59人になった。同課はほかにもかかわった者がいるとみて調べている。
逮捕容疑は、グループを統括していた無職亀井浩次被告(43)=一審懲役5年6月、罰金1000万円、控訴=らと共謀。那覇市内で貸金業を無登録で営み、06年1月〜2月、大阪市西成区や茨城県古河市に住む主婦から、法定利息の約56倍から約83倍の利息を受け取るなどした疑い。
同課によると、グループは七つの組織に分かれて活動し、金子容疑者はうち1組織のトップだったという。

ヤミ金解決ヤミ金被害救済は
エストリーガルオフィスへ!


ヤミ金解決ヤミ金解決・相談料無料の
ジャパンネット法務事務所


メニュー
トップ
ヤミ金被害事例@
ヤミ金被害事例A
ヤミ金被害事例B
ヤミ金被害事例C
ヤミ金被害事例
税理士紹介