×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヤミ金被害事例


被害解決はこちら
↓↓↓↓↓
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

事例A
ヤミ金業者に通帳などを譲り渡したとして奈良署などは1日、犯罪収益移転防止法違反(有償譲り渡し)の疑いで山口市維新公園のパート従業員、大田美佐容疑者(38)を逮捕した。
逮捕容疑は昨年11月24日ごろ、次男(6)名義の郵貯銀行の総合口座通帳やキャッシュカードなど計6点を4万円でヤミ金業者に譲り渡したとしている。
同署によると、これらの通帳などは、先月30日に出資法違反容疑で再逮捕された宮崎正也被告(41)=同法違反罪などで起訴=が経営するヤミ金業者で使われていたという。
大田容疑者は、本人や家族名義の口座通帳など計10点以上を売っていたとみられ、同署で詳しく調べる。

ヤミ金解決ヤミ金被害救済は
エストリーガルオフィスへ!


ヤミ金解決ヤミ金解決・相談料無料の
ジャパンネット法務事務所


メニュー
トップ
ヤミ金被害事例@
ヤミ金被害事例A
ヤミ金被害事例B
ヤミ金被害事例C
ヤミ金被害事例
税理士紹介